ピックの持ち方を変える(1)

2013年01月29日

このブログ、多少記事を書き溜めていたり
過去の出来事について記事を書いているので去年の話になるのですが、

2012の正月を期にピックの持ち方を変えました。

画像 902.jpg
↑今までの持ち方

今まではデクスターの真似して、指を3本使って持ってたんですが、
速いフレーズを弾くと右手が追いつかないんです。
(私の場合、速いフレーズと言ってもそんなに速いわけではないですが。)

この事は前々から気付いてはいました。が、
持ち方を変えるって結構影響が大きそうだったので中々踏み切れずに。

ある時、(たぶん有名な)外国人ギタリストが弾き方を解説している動画を見ました。
彼は3本指でピックを持っているんですが、こう言っていたんです。
「ピックを3本指で持っていると速いフレーズを弾くのには向かない」
ちょっとうろ覚えですが、大体こんな内容だったと思います。
あー、やっぱりそうなのかぁー、と思いましたよ。

この動画を見て私は決心しました。
2本指の持ち方に変えようと。

posted by 一五 at 23:19 | Comment(0) | ピッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JC-120のヘタリ

2013年01月28日

ギターでバンド活動を始めて2年半位たったかなー。

スタジオもそんなに多くは無いけど色々な場所に行った。
バンドの練習だったり、個人練習だったり。

Penta
 新宿
 池袋
 池袋
 
NOAH
 自由が丘
 渋谷1号
 渋谷2号
 池袋

音楽館
 新宿
 秋葉原

島村楽器 赤羽店

PACKS 南浦和店

で、先日入ったスタジオでの事。
ようやくZoomG2で自分の音が気に入って
楽しくスタジオ練習が出来ていた今日この頃。

何処にでもあるJCでいつも同じ音が出せる。が、
いつもと音が違う・・・。
JCのツマミもいつもと同じ、G2のセッティングも当然変えてない。
具体的には、
・歪が少ない
・音に伸びが無い
こんな印象だった。

もしかして、コレがアンプがヘタってるっていう事なのかな?
バックパネルに製造年とか明記されてたら、
毎回確認してみる事にしよう。


posted by 一五 at 21:06 | Comment(0) | JC-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JC-120 小技

2013年01月27日

JCで少しでも良い音と出そうと試行錯誤してる人は多いらしい。
ネットで検索すると他にも色々な情報が出てくる。

・椅子や台などの上にJCを乗っける
・壁際にくっ付ける
・JCのキャスターを外す
・JCを縦に置く

-- 椅子や台などの上にJCを乗っける
これは、音が良くなるというか聞こえやすくなるという事。
マーシャルと比べるとJCはスピーカーの位置が低いから少し聞こえづらい部分がある。
狭いスタジオに入ると下の方で音が鳴ってるのが顕著だと思う。
スタジオによってはJCがアンプ用スタンドに乗っかっているところもある。

-- 壁際にくっ付ける
JCはオープンキャビネットなのでマーシャル等のクローズドのキャビネットと比べると
低音が広がるというか少しボヤけてしまう感じがします。
この現象を少しでも防ぐ為に、JCの後ろに壁をピタっとくっつけるというものです。
スタジオでは活用出来るんだけれども、
ライブハウスの場合は後ろに壁っていう状況は殆どないと思う。
この小技から推測出来るのはキャビネットがオープンな事は結構影響しているんじゃないかという事。

-- JCのキャスターを外す
これはやった事が無いんだけれども、
キャスターを外す事によって床との設置面積が増やす。
すると低音の出方に変化があるらしい。締まった音になるとかならないとか。

-- JCを縦に置く
スピーカーの位置が横に並んでいるJCを縦に置くことによって
スピーカーの位置を少し上げれるのと、キャスターを外す事無く
設置面積を増やす事が出来るというハイブリッドな方法。
この方法は試した事があるんですが、私には今一つピンと来ませんでした。

色々な方法が研究されてるんだなーと関心します。
流石、私の生まれる前から発売されているだけあってロングセラーは伊達じゃない!

posted by 一五 at 14:15 | Comment(0) | JC-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。