JC-120のフラットについて

2013年01月19日

私の場合、エフェクターで歪みを作るので
アンプはクリーンで設定しておくわけですが、
JCのフラットに関しては2つの説があります。

画像 387.jpg

説1:
 Treble 5
 Middle 5
 Bass  5
 Bright off

説2:
 Treble 0
 Middle 10
 Bass  0
 Bright off

私の場合はギター(SG)のせいもあってか、説2の方が使いやすい印象でした。
そこから自分の耳を頼りに試行錯誤して下記の通りに落ち着きました。

マイパターン:
 Treble 4
 Middle 10
 Bass  2
 Bright on

-- 追記 始 --
Bright on について
クリーンの場合はBrightをonで良い感じになりましたが、
歪み系のエフェクターを使う場合はBright on だとチリチリと高音が目立つので
Brightはoffにしないと、ダメでした。
もう少し下記のセッティングで様子を見ようと思います。

マイパターン更新:
 Treble 5〜6
 Middle 10
 Bass  2
 Bright off

-- 追記 終 --

今回のJCのツマミの設定に関する基本コンセプトは
・高音で耳が痛くならない事
・中域をしっかりと稼ぐ
・低音がボーボーとブーミーにならない事
です。

接続しているインプットはチャンネル1のLOWに接続しています。

G2のマニュアルにLOWに接続する。と書いてあったので。

posted by 一五 at 20:13 | Comment(0) | JC-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。