システム構築(妄想)

2013年09月30日

今まで、マルチエフェクター最高。と日々ギターを弾いて来たのですが、
先日の真空管コンパクトプリアンプを試奏して以来、
真空管の歪みこそ最高の歪みだ。となってしまいました。

これで、私もようやく歪みは真空管でしょ。という
多くのギタリストが口を揃えて言っている事が理解出来たわけです。
やっとその域まで来たという事です。

真空管を使用している機材に対する私が持っていた印象は
管は消耗品、管理が面倒、値段が高い、初心者の私には無用の長物
と、こんな感じでした。

万が一、同じ様な印象をお持ちの方がいらっしゃったら、
是非言わせて頂きたい。「真空管の歪みが最高です。

という事で
真空管プリアンプを使用したシステムにしたいなーと
日々妄想しています。以下妄想内容。

1)AMT SS-11のみ
最軽量でしょう。
歪みとクリーンが使えれば普段のスタジオは十分ではないかと思ったのです。
ただ所持していないので、出費が。。。

2)AMT SS-11 + ZOOM G2 (or G3)
歪みとクリーンはSS-11で作って、
ZOOMでコンプ、ノイズリダクション、EQ、ソロのディレイを
掛ければ良いのでは、と考えました。

3)AMT SS-11 + BOSS GT-8
GT-8のセンドリターンにSS-11を歪みのセッティングで繋いで
クリーンはGT-8のCOSMで作る。
真空管プリ+マルチの考え方は2)と変わらないけど、
エフェクト類が高品位かなと思って。

4)Marshall JMP-1 + t.c.electronic G-Major
真空管のプリアンプに高品位のマルチエフェクト。
私には十分過ぎるシステムでしょう。文句無しです。
ただ、ラックになってしまうので重過ぎる。
加えてMIDIペダルも持ち運ぶ必要があります。
幸運な事に?機材はあるので出費は持ち運び用のラックケースと、台車のみ。
必要なのは持ち運ぶ気力。

妄想しているだけですが、楽しい日々です。
これではギターの上達などありえません。
しっかり練習しないと。


posted by 一五 at 01:15 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ALBIT A3GP

2013年09月27日

中古で購入しました。

とりあえず、ヘッドホンで使用してみた感想を箇条書き。

・青いLEDが眩し過ぎる。(机の上に置いていたので近い為)
・なるほど真空管の音がする。
・歪みは確かにハイゲインではない。単体ではハードロックとかメタルには使えないかな。
・イコライザーは余り顕著に効くわけでは無く、使い方にコツがいる様子。
・チャンネル切り替えスイッチは踏み難そう。(マスターボリュームが近いから)
・ドライブチャンネルでもクリーンが鳴っている(仕様通り)
・クリーンが気持ち良い。
・音に伸びが無い様な・・・(ギターのせいかも)
・ピッキングニュアンスはっきり出るから粗が目立つ(汗
・下手糞なんだなと再確認。
・自宅練習でこれ使った方が上手くなりそう。

ネットでダウンロードしたマニュアルを熟読。
近い内にスタジオで使用するつもり。


posted by 一五 at 01:33 | Comment(0) | プリアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。