POD HD インプレッション

2013年02月26日


購入後、数時間の使用でお蔵入りになっていた我が家のPOD HD。
セットアップも無事に完了したので今更ですがインプレです。

ネット上で得ていた情報だと
凄いリアルになった、ボリュームに変化で歪みの量が変わる等など
特に悪いコメントも見当たらなかったので
前情報に変に期待を寄せ過ぎていたせいか、最初に音を出した時は正直
んー、なんか良くなってる様な気がするなー程度だったんです。
(むしろ、音より使い勝手の面が気になってお蔵入りになったわけですから)

しかし今回HDで音を鳴らした後、
XTに戻って音を鳴らした時にようやく音の違いを実感する事が出来ました。


良い所
・歪みの音の密度が違う。
・明らかに音の情報量が増えているのでよりリアルになっている。

確認した事
・ピッキングニュアンスが顕著に出るわけではない
・パッチ切替時にディレイの残響音が切れる。
 →ディレイを単体でOFFにした時は残響音が残る。パッチ切替時は駄目っぽい。
・Gearboxが使えない。
・HD EditよりGearboxの方が使い易かった気がする(慣れの問題かも)


HDに変更したらもっと色々な恩恵を受けられると思っていたんだけど
こうやって書き出してみると自分へのメリットは歪みがリアルになったという事だけなのかー。
でも、自宅練習の9割は歪音で練習してるので十分に意味はあると思う。
他の部分も今は使いこなせていないだけで当然改善しているはずだし。

使いこなすまでには時間が掛かると思うけど
良い音で弾ける事によって、今後の練習が楽しくなるんだと思う。


【POD HDの最新記事】
posted by 一五 at 23:29 | Comment(0) | POD HD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。