音が抜けない 音抜け改善(歪みを弄る)

2013年03月24日

バンドの練習中にスイッチを踏み間違えて、
歪みの音色の場面で、クリーンの音色がなってしまった事ってありませんか?

私はあります。
相方のギターが歪みの音で演奏しているのに、私だけ間違えてクリーン。
凄く音が目立つんです。

そうなんです、歪みの音より、クリーンの音の方が良く聞こえるんです。(当たり前かもしれませんが)
それは抜けてくると同義だと思いませんか?

つまりギターの音を歪ませるという事は音を聞き取りづらくする事です。
歪んでる音は引っ込みます

ならば簡単です、GAIN値をDRIVE値を下げてやりましょう

コンパクトの歪み、比較的新しいマルチであれば効果を感じる事が出来ると思います。
ただ、私の持っている様な少し古いマルチ(ZOOM G2)では
GAINを下げても、歪みの量に殆ど変化が無いという場合があります・・・orz

こういう場合は思い切ってアンプモデルを変えましょう。
ZOOM G2を例にしていいますと、
レクチのシミュレートされたアンプモデルや
PEAVY 5150がシミュレートされたアンプモデルは歪み過ぎなんです。

ギター単体で音を出す分には気持ちよく聞こえますが
バンドの中で鳴らすと埋もれやすいと思います(経験談)

そこでMESAのマーク系の音をシミュレートしているアンプモデルに変更します。
レクチのシミュや5150のシミュの音の方が俺の好みだ!という人もいるでしょうが、
バンド練習で音抜けを確保する為と割りきって一度試してみて下さい。

このアンプモデルに変更する事で大分、GAINを下げる事が出来ました。

あとはGAINを下げた音をバンド内で鳴らしてみるだけです。


posted by 一五 at 23:27 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。