音が抜けない 音抜け改善(ミドルを弄る)

2013年04月01日

低域と高域を上げ気味で中域をカットしている、「ドンシャリ」
低域と高域をフラット気味で中域を持ち上げている、「かまぼこ」

ハードロックなんかではドンシャリの方が
かっこ良く聞こえる傾向があると私は独断と偏見で思っています。

なので、経験の浅い(私も十分浅いですが)ギタリストが
自分好みを音を作ると大概ドンシャリになるんじゃないかなーと思います。

そしてこのドンシャリですが、音が抜けてこないんですねー。
音抜けを確保するには中域が必要です。ミドルが必要なんです。

そして音が抜けないと四苦八苦している貴方!
貴方の音はまず間違いなく中域が不足している事でしょう。
私は不足していました(笑

ピックアップのキャラクターも関係してきます。
私の使っているリアピックアップはGibsonの498Tですが
このピックアップ、ハイパワーで結構ドンシャリだと思っています。

元々ピックアップ自体に中域が足りない上にドンシャリの音作りで更に中域が足りなくなっていました。
完全にミドルが不足しているという事です。(泣
そりゃ、ライブハウスのお兄さんに極端過ぎますと言われるわけです。

というわけで、ミドルをググっと上げてやります
そして、バンド内で鳴らしてみましょう!

中域って、ミドルってどの帯域なの?と疑問を持った場合は
イコライザーを少し勉強してみると良いと思います。


posted by 一五 at 00:48 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。