ピックが滑る

2013年05月09日

日々、二本指でのピッキングの基礎練習は欠かせません。
時間が見つかれば、ミュートのオルタネイトでザクザクザクと。
ピッキング考察以降、以前よりボディに対して垂直に近い状態で
ピッキング出来る様になってきました。

一つ解決すると次の問題が現れる。世の常であります。

ピックが滑るではありませんか!親指の第一関節の方へどんどん移動してしまいます。

三本指で持っていた頃は、ピックのホールド感は抜群だったので
さほど力を入れなくともピックがズレるという事はありませんでした。
ネットの投稿を見てピックが滑るなんて俺には関係ないなーと思っていましたが
突如、関係おおありになる日がやってきました(笑

最初に気になったのは夏だし汗もかくのでそのせいだろう、と思って暫く放置してましたが
一向に改善されません。どうやら汗のせいではない様です。

ピックが滑る原因は力の入り過ぎというのが定説だと思います。
私も力が入り過ぎているかどうかを確認し、脱力をいつも以上に心掛けます。
それでもまだズレる。

よーく見てみると、アップピッキングの時に引っ掛かっている部分が多く
その時にズレていました。

ボディに対して垂直に近い状態でピックを振れていると思ってたのですが、
どうやら、ピックの当たる深さがダウン時とアップ時で一定ではない様です。

結局、ピックが滑るという事は持ち方云々より
最終的にはピッキングに問題があるという事になりました。
次の問題が現れたというか、ピッキングにまだ問題が残っていたわけです。

やっぱり、ピッキングが肝なんだよな・・・。難しい。


あと、ネットで検索していて
「親指の先の部分」でも持つと滑り難いという投稿を見つけました。
私も以前は親指を軽く(本当に軽く)立てる様にして指の先端で持っていたのですが
今確認してみると、いつの間にか親指の腹の部分で持っている事に気が付きました。
先端部分で持ってみると、確かに滑りが収まります。(順アングルが強くなりますが)

親指の腹の部分を使う方が、接地面積が大きくピックが安定するかと思ってました。
しかし、必ずしもそうではないようです。


posted by 一五 at 21:23 | Comment(0) | ピッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。