ギター歴を気にする

2013年06月02日

常に思う。ギター上手くなりたいって。

学生時代からギターをやっていたら
もっと上手かったのかなーなんて妄想に耽る時もある。

ギターを本格的に始めたのが社会人(おっさん)になってからなので、
高校生からギターやってます。という人には技術面では確実に敵わない。
でも、可能な限りそういう人達のレベルまで近づきたい。

ネットを検索するとギターに限らず
物事を始める年齢を気にしてる人が結構いるんだなー、と気付く。

その中でこういう記事を見つけた。

幕末の武士、明治維新の精神的指導者、吉田松陰の名言。
「悔いるよりも、今日直ちに決意して仕事を始め、技術をためすべきである。
 何も着手に年齢の早い晩い(おそい)は問題にならない。」

私はこう理解した。「ぐちぐち言ってないで、上手くなりたいなら練習しろ!」
当たり前だ、精進するしかない!

上手くなるにはどうすれば良いかを考えるしかない。


posted by 一五 at 22:51 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。