ウォーミングアップ

2013年06月08日

以前、スノーボードを一生懸命にやっていた頃、体が中々温まらなくて苦労した事がある。
ただでさえ雪が降っている寒い中で運動する上に、山麓まで滑り終わるとリフトにじっと座って風を受け身体が冷える。
一本目のリフトでサブロク(ジャンプの技名)なんてしようものならテールがリップに引っ掛かって大惨事(恐
本当に身体が温まらず、ベストな滑りやジャンプが出来るまで
2時間位ウォーミングアップしてた日もあったと思う。
と、思い出に耽ってしまいましたが何を言いたいかというと

何事にも準備運動は必要です。それはわかってます。
ただ時間の掛かり過ぎるウォームアップは避けたいです。

ギターを持って、刻みが安定するまでに30分位掛かります。長い時は1時間位。
個人的にはウォーミングアップに時間が掛かり過ぎなんじゃないかと思ってます。

ピックの先が削れ過ぎて感覚がズレてる場合もあるし、
爪が伸び過ぎてて感覚が違う場合もある。
結構細かい要因が影響してるんだなー、私は神経質なんだろうか。。
手首が温まってきたり、体が温まってきたりするのが関係してるのかもしれません。

ウォームアップ以前に単純にそれは下手糞だからだ!という突っ込みはご遠慮下さい(泣
しょうがないと言えばしょうがないですが。

ギターを毎日触りたいとは思っていながらも
サラリーマンである以上、練習出来ない日も多いです。

平日に限って言えば、ギターを弾けたとしても1〜2時間位でしょうか。
その限られた時間の中でウォーミングアップの占める時間が多すぎる!
練習というか、ウォーミングアップで終了になってしまいます。

もしかすると私の場合、ウォーミングアップが既に練習なのか??
実のところ、そうなのかも知れません。
日々コツコツと鍛錬あるのみ、積み上げていくしかないですね。


posted by 一五 at 12:41 | Comment(1) | ギター練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
指が温め、解れさせるのは、なかなか時間がかかりますね。
指から汗が出る状態までもっていくのが一番なんですが、
夏場以外は、なかなか難しいですね。

ギター練習用のウォームアップ・メニューがあればいいな、と、
パソコンでMIDIを使用してギター練習するサイトを作りました。
「InternetExplorer」と「WindowsMediaPlayer」で音が鳴ります。

http://music-school.cute.bz/guitar_arpeggio/

色々なギター奏法やスケールを、
テンポや音程を指定して練習できま〜っす♪

Posted by おいぬ at 2014年05月28日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。