真空管プリアンプ

2013年08月11日

気になったアイテム、真空管プリアンプ。
・ALBIT A3GP

A3GP_MK2_side.JPG

興味を惹かれたレビュー記事の内容がコレ。
「JCから真空管の音が出る」


私の印象は
 国産メーカーなので信頼出来そう。(しかも埼玉県草加市と比較的近い)


セッティングはこんな予定。
ALBIT A3GPはあくまでもクリーンの設定。
歪はいつも通りG2で。

Gibson SG
 ↓
Zoom G2
 ↓
ALBIT A3GP
 ↓
JC-120(Return差し)

プリアンプは値段がそれなりにするので
中古で探してみようかなー。

posted by 一五 at 20:26 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これのマークT(?)の方を知り合いが持っていて
以前、弾かせてもらったことあります。

キレイなクリーン鳴らして
ウットリした覚えがあります(*´Д`)ハァハァ

持ち主の方も大絶賛してましたよ!

ただフットスイッチが少々踏みづらかったw

改良版のマークU、聴いてみたいなぁ
Posted by よcゆき at 2013年08月12日 15:07
>よcゆきさん

コメントありがとうございます。
たしかに、スイッチがノブからかなり近いんですよね・・・。
ネット上のレビューでもそんな事書いてありました。
でも、試してみたくなってしまうんですけどね(笑
Posted by 一五 at 2013年08月13日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。