ZOOM G2

2013年01月12日

私のエフェクターケースの中身。

画像 905.jpg

音作りのメインはZoom G2です。
このマルチエフェクター、ネット上では色々書かれてるのを見た事があります。
・安いから中高生が使うイメージ。
・Zoomを使っていて上手な人を見た事が無い。
・デジタル臭さが拭えず良い歪音が作れない。

こんな、書き込みを見たら購入を躊躇うと思うけど、俺は購入しました。
少なくとも俺には幾つかメリットがあったので。
・軽い。
・安い。
・速い。(パッチの切り替えが)

-- 軽い --
家の中で練習する分にはいくら重くても構わないけど、
スタジオでバンドの練習をするとなると俺はこれが最重要。
ギグバッグでギターを背負っているだけでも重い。(体力不足なのかも知れないけど)
なのでエフェクターケースの中身は軽いに越した事はない。
欲しいエフェクトをコンパクトで集めると、それなりの重さになりそうだったから
俺はマルチと付き合っていくという選択をしました。

じゃぁ、マーシャルのアン直でいいじゃん。と言われそうだけれども
俺にはJCを使う宿命(大袈裟)があるという事で。

-- 安い --
欲しいエフェクトをコンパクトで集めると、お金が掛かりそうだったから。
貧乏性な私は購入当時約一万円という安さでコイツを手に入れました。

-- 速い --
コイツ、パッチの切り替え速度が素晴らしいんです。
自宅練習で使っているPODxtをフットスイッチで切り替えると音が一瞬途切れるんですが、
G2は瞬時に切りかわります。
切り替え速度については購入後に実際に音を出してから気づいたんですが
フットスイッチ操作の技術が全く無い私にとっては非常に良かったです。


この安いマルチでそこそこ使える良い音を作ってやろうという
野心?目標の様なものが出来てこの後、G2との奮闘が始まります。



posted by 一五 at 00:00 | Comment(0) | ZOOM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。