システム構築(妄想)

2013年09月30日

今まで、マルチエフェクター最高。と日々ギターを弾いて来たのですが、
先日の真空管コンパクトプリアンプを試奏して以来、
真空管の歪みこそ最高の歪みだ。となってしまいました。

これで、私もようやく歪みは真空管でしょ。という
多くのギタリストが口を揃えて言っている事が理解出来たわけです。
やっとその域まで来たという事です。

真空管を使用している機材に対する私が持っていた印象は
管は消耗品、管理が面倒、値段が高い、初心者の私には無用の長物
と、こんな感じでした。

万が一、同じ様な印象をお持ちの方がいらっしゃったら、
是非言わせて頂きたい。「真空管の歪みが最高です。

という事で
真空管プリアンプを使用したシステムにしたいなーと
日々妄想しています。以下妄想内容。

1)AMT SS-11のみ
最軽量でしょう。
歪みとクリーンが使えれば普段のスタジオは十分ではないかと思ったのです。
ただ所持していないので、出費が。。。

2)AMT SS-11 + ZOOM G2 (or G3)
歪みとクリーンはSS-11で作って、
ZOOMでコンプ、ノイズリダクション、EQ、ソロのディレイを
掛ければ良いのでは、と考えました。

3)AMT SS-11 + BOSS GT-8
GT-8のセンドリターンにSS-11を歪みのセッティングで繋いで
クリーンはGT-8のCOSMで作る。
真空管プリ+マルチの考え方は2)と変わらないけど、
エフェクト類が高品位かなと思って。

4)Marshall JMP-1 + t.c.electronic G-Major
真空管のプリアンプに高品位のマルチエフェクト。
私には十分過ぎるシステムでしょう。文句無しです。
ただ、ラックになってしまうので重過ぎる。
加えてMIDIペダルも持ち運ぶ必要があります。
幸運な事に?機材はあるので出費は持ち運び用のラックケースと、台車のみ。
必要なのは持ち運ぶ気力。

妄想しているだけですが、楽しい日々です。
これではギターの上達などありえません。
しっかり練習しないと。


posted by 一五 at 01:15 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真空管プリアンプ

2013年08月11日

気になったアイテム、真空管プリアンプ。
・ALBIT A3GP

A3GP_MK2_side.JPG

興味を惹かれたレビュー記事の内容がコレ。
「JCから真空管の音が出る」


私の印象は
 国産メーカーなので信頼出来そう。(しかも埼玉県草加市と比較的近い)


セッティングはこんな予定。
ALBIT A3GPはあくまでもクリーンの設定。
歪はいつも通りG2で。

Gibson SG
 ↓
Zoom G2
 ↓
ALBIT A3GP
 ↓
JC-120(Return差し)

プリアンプは値段がそれなりにするので
中古で探してみようかなー。

posted by 一五 at 20:26 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イコライザー その2

2013年07月28日

ギターのイコライジングで主に使用する帯域の特徴は次の通り。

100Hz ・・・全体のムードを作る最も低音の部分
200Hz ・・・低音の鳴り
400Hz ・・・音の太さ。
800Hz ・・・中域のネバりやコシ
1.6kHz・・・アタック感
3.2kHz・・・音ヌケ
6.4kHz・・・倍音、音色の鋭さ


posted by 一五 at 19:48 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。