イコライザー

2013年06月23日

イコライザー使い方全然わかりません。
ポイントを決めて、ブーストORカットするという事はわかります。

ポイントを決める為の周波数帯域について少し勉強です。

まずは楽器が発する音の周波数帯域の確認です。

基音(フレットを押さえて出す音程)
ギター 82.4Hz〜1048Hz
ベース 42.2Hz〜262Hz

倍音を含めると
ギター 82.4Hz〜16KHz
ベース 42.2Hz〜16KHz

だそうです。



posted by 一五 at 20:36 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音が抜けてこない まとめ

2013年04月13日

これまで音が抜けてこない、音が聞こえない問題を色々考えて来ましたが
どれか一つだけが原因という事は少ないかと思います。

・バンド内の音のバランス
・エフェクトの掛け過ぎ
・音が歪み過ぎ
・中域の不足
・使用するアンプ
・スタジオの部屋の広さ・形
・スタジオの壁の材質
・自分の立ち位置
・耳の疲れ具合


複合的な問題の場合が多いので
都度状況を分析して臨機応変に対応出来るのが理想でしょう。

経験がものをいう部分でもありますが
上記の項目が解決の糸口になるはずだと思います。


posted by 一五 at 14:57 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音が抜けない 音抜け改善(ミドルを弄る)

2013年04月01日

低域と高域を上げ気味で中域をカットしている、「ドンシャリ」
低域と高域をフラット気味で中域を持ち上げている、「かまぼこ」

ハードロックなんかではドンシャリの方が
かっこ良く聞こえる傾向があると私は独断と偏見で思っています。

なので、経験の浅い(私も十分浅いですが)ギタリストが
自分好みを音を作ると大概ドンシャリになるんじゃないかなーと思います。

そしてこのドンシャリですが、音が抜けてこないんですねー。
音抜けを確保するには中域が必要です。ミドルが必要なんです。

そして音が抜けないと四苦八苦している貴方!
貴方の音はまず間違いなく中域が不足している事でしょう。
私は不足していました(笑

ピックアップのキャラクターも関係してきます。
私の使っているリアピックアップはGibsonの498Tですが
このピックアップ、ハイパワーで結構ドンシャリだと思っています。

元々ピックアップ自体に中域が足りない上にドンシャリの音作りで更に中域が足りなくなっていました。
完全にミドルが不足しているという事です。(泣
そりゃ、ライブハウスのお兄さんに極端過ぎますと言われるわけです。

というわけで、ミドルをググっと上げてやります
そして、バンド内で鳴らしてみましょう!

中域って、ミドルってどの帯域なの?と疑問を持った場合は
イコライザーを少し勉強してみると良いと思います。


posted by 一五 at 00:48 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。