ピッキングニュアンス

2013年10月20日

自宅では基本POD HDにヘッドホンを繋いで練習しています。

纏まった時間が取れれば、近場のスタジオへ個人練習しに行くんだけど、
やっぱりアンプで大きい音を鳴らすと気持ちが良い。

と、同時に細かい粗が凄く目立つ・・・orz
ミュートがあまかったり、自宅練習では聞こえないフィンガーノイズが聞こえたり
大きい音で練習する事には意味があるんだなと実感。

自宅ではヘッドホンの音量を上げれば同じ事なんじゃないかとも思ったけど、
直接耳に当てているヘッドホンで大音量だと耳が疲れてきちゃう場合がある。
練習時の体調にも左右されるのです。(おっさんだから)

あともう一つ、スタジオの大音量で
クリーンのアルペジオを弾くと下手糞過ぎて泣けくる。
ピッキングニュアンスが顕著に出るから。

POD使ってる時の設定はアンプだけで、コンプとかエフェクター類は使ってないんだけどなー。
今後の練習ではピッキングニュアンスも意識していきたい。

できれば、自宅でも
ピッキングニュアンスがはっきり出るような練習環境にしたい。

POD xtを使ってた時に比べるとPOD HDはそういった部分で良くなっているとは思う。
ALBIT A3GPも中々使えそうな印象。USBが無いのが少し残念。
ZOOM G3はどうだろう。

少し部屋を整理して練習環境を改善したい。


posted by 一五 at 23:38 | Comment(4) | ピッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速弾き

2013年08月05日

意識する事まとめ。

・両手の脱力
・押さえる事だけに意識がいきがちだが、指を離す事も意識をする事
・上手い人は左手で出す音(ハンマリング、プリング)と右手で出す音(ピッキング)が同じで聞き分けにくい
・ピックの厚み考察→私のは厚すぎるかも? 御用達ピックはJAZZ3
・ピックは弦離れが良い方が良い。
・先端が鋭角のものが向いている。
・深く持ち過ぎるのはNGらしい?
  →自分は深く持っている。
・音が鳴るのはピックが弦に当たる瞬間ではなく、ピックが弦から離れる瞬間だという事。
・速く弾けていないという事は遅く弾いても弾けてない可能性がある。
・拍の頭のダウンピッキングが意識出来る事
・一般的にコンビネーションの会わない人は左手のほうが右手のストロークに比べて遅い人が多い
  →左手を意識する
・”速く”というより”小さく、合理的に”動かすことを意識するといい


posted by 一五 at 00:28 | Comment(2) | ピッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速弾きの練習について

2013年07月31日

相変わらず、速弾きに対して試行錯誤の日々。

右手のピッキングに関してはそこそこ早くなってきたと思う。
左手もまぁまぁ。

決定的に駄目なところは、
右手と左手のシンクロが足りず、音が綺麗に出ないという事。

ゆっくりのテンポから練習するわけだけど、
中々テンポが上げられない。

もう少し効率の良い練習方法を見つけたいんだけどなー。
ネットで検索してみたものの
スッキリする回答は見つけられないまま。

その代わり今日は以下の三つの基礎練をした。
・インサイドピッキングの練習フレーズ
・アウトサイドピッキングの練習フレーズ
・オルタネイトピッキングでアクセントをつける練習フレーズ



posted by 一五 at 01:02 | Comment(0) | ピッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。