上手な人と演奏するという事

2014年03月08日

以前、一緒にバンドを組んでいたベーシストからのお誘いで
もう一つコピーバンドを始めました。
こちらもギター2人構成です。

例によって、こちらのバンドの相方も
ギターをはじめたのが10代、しかも私より年齢が上という事もあり
ギター歴が私より断然長いのです。
人生でもギターでも先輩なので以後、先輩と呼びます。

これは色々と勉強させていただくしかありません。
という事で、スタジオ録音源を確認。

ふむふむ・・・
2人ともスコア通りに弾いているのに明らかに差があります。
演奏の安定性です。

どう聞いても先輩のギターの方が上手い(当たり前)
バンドの他のメンバーも録音源を聞いて、確実にそう思うでしょう。

逆に考えると、自分の演奏の下手さが露呈してマズいという事も言えます(笑
この差が生まれる原因を解明して、改善しなければ。

やはり、上手な人と一緒に演奏する機会があると
今まで自分一人では気づけなかった部分が見えてくるので
非常にありがたい。
まさにこれが「目からうろこ」とヤツ。(←人生初めて使った)

自分に足りないと気づけたという事は
まだ上手くなれると言う事。
練習するしかない(やる気)

posted by 一五 at 00:42 | Comment(0) | ギター練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

t.c.electronic Nova system

2013年11月29日

先日から非常に気になり始めてしまいました。
物欲は止まる事を知りません(笑

何故気になったのかと言うと、
コーラスとディレイはやはりt.c.がいいよなーと再認識していて、
でもラックでG-Major運ぶのは重いしなと悩んでいたところ
t.c.にもペダル型マルチがある事を思い出してHPに飛びました。

ありますね、G-SYSTEM。見た目のインパクトが最強です。
値段も最強。重さも最強。
探しているのはこれではありません。。。

そして見つけました、Nova System。これこれ。
アナログの歪みが入っているとの事。
2kgを切る軽さ。
(調べたところ、表記の重さは間違っていて2.5kg付近の重さがあるようです。)


nova-system-persp.jpeg


ネットでレビューを見てみると
Nova Systemの歪みは決して、モダンハイゲインな音では無い様です。
ただ、この歪みが気に入ればNova System一つで全てが事足りる事になります。
真空管の歪みでは無いけれど、高品位のエフェクトが手に入ります。

よし、次の試奏はNova Systemに決まり。

うーん、真空管の歪みと高品位なエフェクトの両方得るには
やっぱり、JMP-1とG-Majorの組合せがベストって事なんだろうなー。
けど、重いんだよな・・・。

posted by 一五 at 20:12 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッキングニュアンス

2013年10月20日

自宅では基本POD HDにヘッドホンを繋いで練習しています。

纏まった時間が取れれば、近場のスタジオへ個人練習しに行くんだけど、
やっぱりアンプで大きい音を鳴らすと気持ちが良い。

と、同時に細かい粗が凄く目立つ・・・orz
ミュートがあまかったり、自宅練習では聞こえないフィンガーノイズが聞こえたり
大きい音で練習する事には意味があるんだなと実感。

自宅ではヘッドホンの音量を上げれば同じ事なんじゃないかとも思ったけど、
直接耳に当てているヘッドホンで大音量だと耳が疲れてきちゃう場合がある。
練習時の体調にも左右されるのです。(おっさんだから)

あともう一つ、スタジオの大音量で
クリーンのアルペジオを弾くと下手糞過ぎて泣けくる。
ピッキングニュアンスが顕著に出るから。

POD使ってる時の設定はアンプだけで、コンプとかエフェクター類は使ってないんだけどなー。
今後の練習ではピッキングニュアンスも意識していきたい。

できれば、自宅でも
ピッキングニュアンスがはっきり出るような練習環境にしたい。

POD xtを使ってた時に比べるとPOD HDはそういった部分で良くなっているとは思う。
ALBIT A3GPも中々使えそうな印象。USBが無いのが少し残念。
ZOOM G3はどうだろう。

少し部屋を整理して練習環境を改善したい。


posted by 一五 at 23:38 | Comment(4) | ピッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。