イコライザー その2

2013年07月28日

ギターのイコライジングで主に使用する帯域の特徴は次の通り。

100Hz ・・・全体のムードを作る最も低音の部分
200Hz ・・・低音の鳴り
400Hz ・・・音の太さ。
800Hz ・・・中域のネバりやコシ
1.6kHz・・・アタック感
3.2kHz・・・音ヌケ
6.4kHz・・・倍音、音色の鋭さ


posted by 一五 at 19:48 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イコライザー

2013年06月23日

イコライザー使い方全然わかりません。
ポイントを決めて、ブーストORカットするという事はわかります。

ポイントを決める為の周波数帯域について少し勉強です。

まずは楽器が発する音の周波数帯域の確認です。

基音(フレットを押さえて出す音程)
ギター 82.4Hz〜1048Hz
ベース 42.2Hz〜262Hz

倍音を含めると
ギター 82.4Hz〜16KHz
ベース 42.2Hz〜16KHz

だそうです。



posted by 一五 at 20:36 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチスランプ!?

2013年06月12日

ギターを弾いていると楽しい。
ギターが弾けているとさらに楽しい。

今までは弾けていたのに、なんか気持ち良く弾けなくなる時がある。
今までは弾けていたつもりだっただけで、弾けていない事に気付いただけなのかも、
と思ったりもするけど。

そういう時、少しイラつく。
同じフレーズを反復して何とか弾ける様に練習するんだけれども
上手く歯車が噛み合わない。

今日そのフレーズはスパっと諦めて他のフレーズを練習するという方法もあるけど、
性格からか目の前の問題を解決してから次に行きたい気持ち。

スランプというには大袈裟だとは思うけど、
「つまづく→クリアする」これが練習だという事はわかってるつもり。

これを乗り越えればまた一つ上手くなると信じて精進あるのみ。


posted by 一五 at 00:43 | Comment(0) | ギター練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。